裂き織の帯

最後まで大切に使う…

江戸時代からの伝統技術『裂き織』をご紹介します。

 

着なくなってしまったおばあちゃんの着物、お母さんから譲り受けた晴れ着の着物、

思い出の深い大切な着物など、裂き織の技術で帯によみがえらせます。

着物をほどいて細く裂いて、糸状にします。

さらに撚りをかけ、緯糸に織り込んでいきます。

手織りの温かみある八寸帯に生まれ変わります。

経糸は、好みに合わせて黒か白が選べます。

ベージュの紬の着物を使用しました。

経糸に黒を使うことで全体にこげ茶色に。渋めの風合いがすてきです。

夏の絽の小紋に、経糸は白を使い、全体的に優しい色合いの帯に変わりました。

お着物に柄が入っていても、無地の物でもなんでも可能です。

一つ一つ丁寧に織り上げていきます。着物一枚、もしくは羽織一枚で、八寸帯が完成します。

グリーンの色無地に、経糸を縞柄になるよう織り込んだ帯です。

縞柄も粋な感じで素敵ですね。

黒の喪服や留袖などを加工する方や、二、三枚のお着物を組み合わせて仕立てる方もいらっしゃいます。

「小豆三粒包める布は捨ててはいけない」

物を大切にする心が裂き織の帯から伝わってきます。

 

コメント